防災もボーダーレス ITも活用し外国人支援
東日本大震災8年 都市は備える(4)終

2019/3/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

災害は首都圏に住んだり訪れたりする外国人にも等しく差し迫る。だが、言葉が通じず、十分な情報が届かなかったりする。文化が異なる人々が避難先でも一定の生活の質を保つための対応も容易ではない。行政だけでは対応に限界があり、住民やIT(情報技術)など独自の技術を持つ企業の支援が大きな力となる。官民は連携しながら「ボーダーレス」時代の防災に取り組んでいる。

人気観光施設や外国クルーズ船の寄港も多い横浜市。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]