ライドシェア解禁なお見通せず 規制緩和に不断の努力を

2019/3/7 19:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はタクシーの相乗り解禁に向けて検討を始めた。料金を抑えて顧客の間口を広げ、利用減に歯止めをかける狙いだが、旅客運送を巡る規制緩和の本丸であるライドシェアの解禁はタクシー業界の反対が強く踏み込めていない。既得権の壁に阻まれ、新たな成長の芽を育てる規制緩和が中途半端になる恐れがある。

タクシー業界の輸送人員は2000年度から17年度にかけて約4割減った。ドライバーの高齢化や人手不足も深刻だ。その…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]