/

この記事は会員限定です

日欧EPA発効1カ月 新潟企業、販路拡大へ動き活発

[有料会員限定]

日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が発効してから約1カ月がたち、新潟県内でも販路拡大を視野に入れた動きが広がっている。塩川酒造(新潟市)はワインのような赤い日本酒を発売。液体保存容器を製造する悠心(三条市)は合成樹脂の使用量を減らした容器を開発した。環境への配慮を訴え、輸出をめざす食品メーカーに販売する。

日本から欧州への輸出では食品関連の多くで関税が撤廃され、日本酒や醤油(しょうゆ)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン