HIOKI、大電流も計測できる電流プローブ

2019/3/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

計測器大手のHIOKIは13日、電線に取り付けて電流を測定する電流プローブの新製品「CT6710」「CT6711」を発売する。従来品より大電流でも計測できるほか、感度を10倍に高めて近距離無線規格「ブルートゥース」で通信する時などの微弱な電流の測定も可能になる。

HIOKIの電流プローブの新製品「CT6711」

価格は47万~54万円(税別)で、年間170台の販売を目標に掲げる。電子機器メーカーや自動車などのモーター開発、研究機関での基礎研究などでの使用を想定する。

電流プローブは電流が流れている電線を挟み込み、波形観測装置に接続して電流を測る。近年は市場でエネルギー効率の向上や消費電力の低減が進むなか、より様々な電流を測定できる機械が必要となっていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]