/

この記事は会員限定です

シール変色で温度管理 茨城県つくば市で日本酒輸送実験

[有料会員限定]

プリンタブルセンサーコード技術研究組合(東京・千代田)は、茨城県つくば市の支援のもと、温度で色が変わる特殊なインクで印刷し、商品のラベルやパッケージに貼るシールの実証実験を実施している。特定の温度に達するとシールの色が変わるため、適正な温度管理で輸送されているか状態を確認できる。実験の成果を生かし、2020年の実用化を目指す。

組合が開発したのは「プリンタブルセンサーコードシール」。約2センチ四...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン