京大、再生医療で拒絶反応少ないiPS細胞

2019/3/8 1:00
保存
共有
印刷
その他

京都大学iPS細胞研究所の金子新准教授と堀田秋津講師らの研究チームは、再生医療に利用した際に拒絶反応を起こしにくいiPS細胞の作製法を開発した。遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」技術を使う。新技術で作ったiPS細胞を12種類用意すれば、再生医療の際、日本人の95%以上で適合するという。再生医療の普及に役立つ成果だ。

論文は8日付米科学誌「セル・ステム・セル」の電子版に掲載された。

再生医療での拒絶反応は、患者の体内に入れた他人の細胞を、患者の免疫が排除しようとすることで起こる。研究チームはゲノム編集を使い、2種類の遺伝子の働きを抑えたiPS細胞を作った。

こうして作ったiPS細胞から血液細胞を作り、マウスに移植した。1週間経過を観察すると、ゲノム編集をしていない場合に比べて、移植細胞が免疫から攻撃されにくくなっていた。

京大は再生医療向けに拒絶反応の起こりにくい特殊なiPS細胞を探して、備蓄する事業を進めている。これまでに3種類用意しており、2020年度末までに10種類そろえて、日本人の50%をカバーする計画を示している。

研究チームは今回の新技術で12種類のiPS細胞を用意するだけで、日本人の95%以上をカバーできると試算している。同研究所の山中伸弥所長は「次世代iPS細胞」と位置づけて、2020年には整備する目標を掲げる。今回の新技術を応用する見込みだ。

現在、世界のほとんどの人に対し、移植時の拒絶反応のリスクが小さいiPS細胞を提供するためには、1000種類を超すiPS細胞が必要になる。ゲノム編集技術を使えば、種類を大幅に減らせる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]