/

発達障害をゲームで治療 塩野義、「デジタル薬」で米社と提携

塩野義製薬は7日、発達障害をビデオゲームを通じて治療する「デジタル薬」と呼ばれるアプリの開発、販売権を米スタートアップ企業から取得したと発表した。臨床試験(治験)を経て、承認を得られれば日本や台湾で販売できるようになる。子供向けで、スマートフォン(スマホ)で遊びながら脳を活性化させる。注意機能などが改善するという。塩野義は契約金としてまず約22億円、売り上げなどに応じて最大約117億円を支払う。

米アキリ・インタラクティブ・ラブズ(マサチューセッツ州)が開発中の2つの治療アプリについて、日本や台湾での事業化権を取得した。

取得したアプリのうち、発達障害の一種である注意欠陥多動性障害(ADHD)治療アプリは、8~12歳の子供348人に対する治験で注意機能の改善が見られた。正式な薬としての承認を得るため現在、アキリ社が米食品医薬品局(FDA)に申請中だ。

もう一方の子供の自閉スペクトラム症(ASD)の治療アプリは、大規模治験を予定している。

「デジタル薬」をめぐっては、大塚製薬が錠剤にセンサーを埋め込み、飲んだかどうか医師が確認できるようにするなど取り組みが始まりつつある。塩野義が今回、取得したような実際の治療にまで踏み込むものは珍しい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン