郵貯、成算なき拡大 限度額上げでも収益力課題

2019/3/8 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は8日、ゆうちょ銀行の貯金の預入限度額を今の2倍となる2600万円とする政令を閣議決定した。4月1日から実施する。退職金などのまとまったお金を預けやすくなり、利便性は増す。一方、長引く低金利で運用の環境は厳しく、貯金の増加はゆうちょ銀の経営効率を下げかねない。郵政グループは規模よりも収益性を重視する戦略への転換を迫られる。

日本郵政の長門正貢社長が普通預金にあたる通常貯金の限度額をなくすよう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]