/

この記事は会員限定です

気象データ利用 AI・分析でビジネスに、東大・越塚教授

[有料会員限定]

人工知能(AI)やデータ分析技術の発展に伴い、気象データのビジネス利用が広がっている。これまで天候に大きく左右される産業であっても応用が進んでいなかった。ビジネスとして安定した利益を出すためには高い予測精度が必要だったからだ。気象庁が立ち上げた気象ビジネス推進コンソーシアムは気象データを扱う人材の育成や企業と専門家のマッチングなどに取り組む。気象データ活用の背景や可能性などについて、同コンソーシア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1610文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン