住民帰還率1割未満の町を行く、福島県浪江町は今

2019/3/10 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所の事故から8年。福島県内での被災者のうち、今も約4万人が避難生活を続けている。原発の北側20キロ圏内にある福島県浪江町は、避難指示が解除された市町村の中で帰還率が6%台と最も低い。町の現状を知るため、現地を訪ねた。

福島市から車で東に向かい約1時間半。2017年9月に許可証なしでの車の通行が可能となった国道114号を通り、町の西端、津島地区に着いた。町内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]