/

この記事は会員限定です

「官邸会議」分析 アベノミクス、変わるけん引役

[有料会員限定]

首相官邸では毎日のように会議を開いている。官邸のホームページでは本部や会議の活動の情報として200以上の会議を紹介しているが、そのうち首相が出席するものだけで70以上ある。2012年の第2次安倍政権発足後、首相が出席する会議の開催回数を調べると、首相の経済政策「アベノミクス」の変遷が浮かび上がる。

官邸で開く会議は政権の目玉政策を扱うことが多い。各省庁の会議とは異なり、首相自身が指示したり、複数の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン