セブンの移動販売、光が丘の都営住宅団地で

2019/3/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京都と練馬区はセブン―イレブン・ジャパンと組んで、同区光が丘の都営住宅団地でコンビニエンスストアの移動販売を12日に始める。光が丘の都営住宅の中にはコンビニから離れている棟もあり、高齢者を中心に買い物が不便という課題がある。地元のコンビニが移動販売車を週に2回派遣し、買い物支援に取り組む。

移動販売により、高齢者らの買い物を支援する

移動販売により、高齢者らの買い物を支援する

セブン―イレブン練馬光が丘西大通り店が火曜と金曜の午後1時半から約30分間、光が丘第3アパートの第二集会所前で販売する。おにぎりや弁当のほか、ソフトドリンク、冷凍食品など約150種類の商品を取り扱う。

練馬区とセブン―イレブンはすでに、光が丘の別の場所で移動販売をしている。光が丘地域の65歳以上人口の割合は約32%で、全国平均の27.7%よりも高い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]