/

この記事は会員限定です

楽天CFO、携帯参入費用「金融・投資事業で吸収」

ヤフーCFO、ペイペイ投資「負債で資金調達も」

[有料会員限定]

インターネット大手の楽天とヤフーが新規事業の強化を急いでいる。楽天は携帯電話事業への参入、ヤフーはスマートフォン(スマホ)決済の利用者獲得に向けて先行投資がかさむ。主力事業の電子商取引(EC)や検索サイトの競争も激化するなか、今後の収益や財務戦略をどう描くのか。両社の最高財務責任者(CFO)に聞いた。

■5G投資「格段に少ない」

楽天は今秋、携帯事業に参入する。広瀬研二CFOは、2019年12月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン