セブン「東大阪の乱」 正念場の24時間営業
編集委員 田中陽

ニュースこう読む
(1/2ページ)
2019/3/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン―イレブン・ジャパンが誇る24時間営業のビジネスモデルを巡り、東大阪市に店を構えるセブンイレブンの加盟店主(オーナー)が異を唱えて立ち上がった。2月から自らの判断で、深夜の人手不足を理由に時短営業を始めた。ネット上ではオーナーの行動に理解を示す書き込みも多い。業界筋では「東大阪の乱」と呼ばれているらしい。

社会インフラともいわれるコンビニエンスストア。なかでも最大手のセブンの存在感は半端な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]