2019年6月27日(木)

ネット裏から

フォローする

日本球界にアジア勢の風、なお中国の影は薄く
スポーツライター 浜田昭八

2019/3/10 6:30
保存
共有
印刷
その他

広島の地方紙「中国新聞」の林記者から以前に聞いた話。大阪などの取材先で、よく「日本語がお上手ですね」と言われたそうだ。中華人民共和国からの「リンさん」と勘違いされたらしい。「ハヤシです」と返答し、大笑いになったという。

プロ野球界にも日本、台湾、韓国の「林」が混在する。台湾出身の林威助(2003~13年、阪神)は「リン」、韓国からの林昌勇(08~12年、ヤクルト)は「イム」と発音するのだからややこしい。

今年、台湾球界のスーパースター、王柏融が日本ハム入りした。世界のホームラン王、現ソフトバンク球団会長の王貞治の呼称は「オウ・サダハル」で揺るぎない。新加入の「ワン・ボーロン」は台湾で「大王」というニックネームで親しまれていたそうだ。日本では果たしてどんな呼び名で定着するだろうか。

台湾から日本ハム入りした王柏融の評判は上々だ=共同

台湾から日本ハム入りした王柏融の評判は上々だ=共同

来日以来、王柏融の評判は上々だ。台湾で打率4割を2度マークし、17年には三冠王にもなった左打者。さすがと、その実力をほとんどのOB解説者が認めている。25歳と若くて脚力があり、外野守備もいい。チームには清宮幸太郎、吉田輝星のドラフト1位組がいるが、彼らに劣らぬ人気者になるのではないか。

外国人選手といえば、近年はドミニカ共和国、ベネズエラ、キューバなど中南米勢の活躍が目立つ。だが、それより数は少ないが、アジア勢の活躍も目ざましい。

古いところでは1963年に韓国から東映(現日本ハム)入りした白仁天。捕手だったが、打撃と快足を生かして外野手に転向。ロッテなどへ移籍して通算19年もプレーし、75年には首位打者になっている。82年に帰国し、発足したばかりの韓国プロ野球で選手兼任監督を務めた。後に続く後輩たちの日本球界入りへ道をつけた功労者といえる。

郭泰源に李承燁…韓国、台湾勢が存在感

80年代に入ると、西武・根本陸夫管理部長(当時)が"台湾ルート"を開拓した。これをきっかけに、力のある台湾勢が続々と来日するようになった。西武・郭泰源、中日・郭源治は投手陣の柱になり、源治は88年、泰源は91年に最優秀選手(MVP)に選ばれた。ロッテ・荘勝雄も先発、救援にタフな活躍を見せた。

その後は韓国、台湾勢が競って来日。日本側もアジア勢の潜在能力を高く評価して受け入れた。中でもロッテは李承燁らアジア勢を次々と獲得し、劣勢だった国内補強をカバーした。中日も豪打の大豊泰昭、ストッパー宣銅烈、快足の李鐘範らを加えた。さながらオールアジア軍という感じになった時期があったほどだ。

戦力になる素材が多いとなると、獲得ルートもいろいろと広がる。日本の高校や大学へ野球留学をして、ドラフト指名を待つのだ。大豊(名古屋商科大)や林威助(柳川高―近大)がそうだったし、日本ハム―巨人の陽岱鋼は福岡第一高からの入団だった。仮に日本の球団が留学の面倒を見ても、ドラフトで他球団にさらわれるリスクがある。その辺りの入り組んだ人間関係は、国民性や慣習の違いもあってややこしい。

米大リーグに絡んだアジア勢の動きもあった。韓国から直接米国へ渡った投手の朴賛浩が大リーグ124勝の勲章を提げ、11年にオリックス入りした。だが、37歳の衰えは隠せず、1勝5敗の成績を残しただけ。5月いっぱいで戦列を離れた。逆のケースは14年に31歳で韓国から阪神入りした呉昇桓。ストッパーを2年務めて39、41セーブ。2年連続セーブ王となり、その後ステップアップして大リーグへ向かった。

このほか、09年のセ最優秀防御率の中日・チェン、パワー溢れる打撃を披露したオリックス―ソフトバンクの李大浩、巨人・呂明賜のスイング、韓国のイチローと異名をとった中日・李炳圭の巧打などが印象に残っている。ただ、オールアジアの陣容を形成するには、スポーツ大国でもある中国の参加がほとんどないのが寂しい。中国籍の朱大衛が07年から西武投手陣に名を連ねたのが極めて少ない例。その朱も小学5年生のときから日本で暮らしドラフト指名を受けた、実質的に日本選手といえる存在だった。

08年北京五輪を前に中国の野球熱は少し盛り上がった。だが、20年東京五輪の後、野球は実施種目から除外されるとあって、人気下降が気遣われる。日本球界は野球後進国へコーチや用具を送り、普及に努めている。だが、世界的に盛り上がるサッカーの勢いに押されがちだ。アジア勢を日本プロ野球へという前に、野球そのものを世界の人々に理解してもらうのが先決ではないか。

(敬称略)

ネット裏からをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

ネット裏から 一覧

フォローする
適時打を放ち、ヤクルトの一塁手村上(右)と笑顔で話す日本ハム・清宮。2年目の若手が存在感を見せた3連戦だった=共同共同

 「最近は巨人より広島の方がファンを連れてきてくれる」と、阪神球団の幹部から聞いたのは2年ほど前だった。確かに、広島を迎えたときの甲子園はカープ色に染まる。真っ赤な広島のレプリカユニホームを着たファン …続き (6/9)

7日のタイガース戦で昨年9月30日以来の戦列復帰を果たしたエンゼルス・大谷翔平=共同共同

 エンゼルス・大谷翔平の戦列復帰戦を連日テレビ観戦して、日本人大リーガー第1号だった村上雅則の話を思い出した。日米の野球を取り巻く状況に違いはあるが、あのころと今とでは大リーグに対する野球ファン、メデ …続き (5/12)

オリックス戦の九回から捕手を務めた楽天・銀次。4イニングをミスなく務め、引き分けに持ち込んだ=共同共同

 捕手がいなくなったので試合ができないとなると、没収試合が宣告されて0―9の負けになる。ほかのポジションなら専門外の代役を起用できるが、捕手に関しては難しい。ケガを恐れてだれもやりたがらないし、首脳陣 …続き (4/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]