/

丸紅、フィリピンで鉄道延伸を受注

丸紅は7日、フィリピン運輸省から鉄道の延伸工事を約69億円で受注したと発表した。2月下旬に受注した。現地企業と組み、マニラ首都圏で既設の「LRT2号線」を延長させる。2020年夏に完工する見込み。

LRT2号線はマニラ首都圏を東西に走る。距離は13.8キロメートル。道路の渋滞緩和や二酸化炭素(CO2)削減のため、4キロメートルを新たに延伸する。現在の11駅に加えて2駅を設ける。

丸紅は鉄道向けの信号や通信、変電設備などを担当する。現地建設大手のDMコンスンジ(マカティ市)が軌道の納入工事を担う。駅舎や高架の建設については別発注されており、今回の受注には含まれない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン