/

アドビ日本法人、マルケト日本法人との統合完了

日経クロステック

米ソフト大手のアドビシステムズの日本法人であるアドビシステムズは2019年3月6日、マーケティング支援ソフトを手掛ける米マルケト(Marketo)の日本法人との統合を3月1日に完了したと発表した。親会社の米アドビシステムズが2018年10月にマルケトを買収したのを受けたもの。

アドビの戦略について説明する日本法人のジェームズ・マクリディ社長

この統合に伴い、マルケト日本法人の代表取締役社長アジア太平洋日本地域担当プレジデントだった福田康隆氏は、アドビ日本法人の専務執行役員マルケト事業統括に就任した。マルケト日本法人の社員は、3月1日からアドビ日本法人の社員になっている。

現在のアドビの製品には、プロのクリエイター向けの「Creative Cloud(クリエイティブ・クラウド)」、PDFを中心とした「Document Cloud(ドキュメント・クラウド)」、企業のマーケティング活動を支援する「Experience Cloud(エクスペリエンス・クラウド)」の3つがある。さらにExperience Cloudには、広告を自動化する「Advertising Cloud(アドバタイジング・クラウド)」、分析を行う「Analytics Cloud(アナリティクス・クラウド)」、BtoB(企業間取引)マーケティングを支援する「Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)」、電子商取引を実現する「Magento Commerce Cloud(マジェント・コマース・クラウド)」などがある。

マルケトのサービスは、アドビのソリューションではMarketing Cloudに位置付けられる。マルケトが提供するプラットフォームを企業が利用することで、リード(見込み客)管理やアカウントベースドマーケティング(ABM、対象となる企業を明確にして戦略的なアプローチを行うマーケティング手法)が可能になる。

アドビ日本法人のジェームズ・マクリディ社長は「マルケトは顧客やパートナー企業から高い評価を得ている。これを今後も継続してほしい」とマルケト事業への期待を語った。

(日経 xTECH/日経NETWORK 大森敏行)

[日経 xTECH 2019年3月6日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン