/

この記事は会員限定です

がん免疫薬、思わぬリスク

[有料会員限定]

がんの「第4の治療法」と呼ばれるがん免疫薬を使った患者に、予想外の影響が出たとの報告が相次いでいる。効果が出なかったために他の抗がん剤に切り替えたりすると、皮膚などに重い発疹が出る確率が高まる恐れがあると専門家が指摘。現場の医師や研究機関は調査や対策を急ぐ。国や企業による積極的な解明が必要になりそうだ。

1月12日、大阪市の会議場に日本皮膚科学会と日本臨床腫瘍学会に所属する約30人の医師や看護師、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン