2019年3月20日(水)

千葉県出身学生の就職支援 県と12大学が協定

南関東・静岡
2019/3/6 22:00
保存
共有
印刷
その他

千葉県は6日、学生の就職支援を目的に、日本大学や東洋大学、専修大学など県外12大学と協定を交わした。県内企業や就職イベントなどの情報を大学側に提供するほか、インターンシップの支援などを通じ、UIJターンを促す。就職支援に関し、県が県外の大学と協定を結ぶのは初めてという。

学生のUターンを後押しし、有望な人材確保につなげる(6日、千葉市内)

森田健作知事は同日の締結式で「県内から都内の大学に進学しても、ほとんどは千葉に戻ってこない。若い人材の確保が厳しくなっている」と指摘した。今後は大学側と協力し、千葉県や県内企業の魅力を学生に積極的に訴える考えを示した。

まずは各大学の就職支援窓口を通じ、県が開催する合同企業説明会などのイベント情報を学生に紹介する。大学側の希望に応じ、インターンシップを導入している企業を紹介することも検討する。

大学側にとっては千葉県内の就職情報が充実し、学生に提案できる進路の選択肢が増えるメリットがある。締結式に出席した大学からは「千葉県内の付属高から進学した学生にはとても有意義」(東海大)、「卒業者の転職などキャリアサポートにも活用したい」(文京学院大学)などの声が上がった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報