/

この記事は会員限定です

骨髄移植、「白血球型」が左右 多様さゆえに難しく

池江選手の白血病公表で関心

[有料会員限定]

白血病の治療法のひとつ骨髄移植への社会の関心が高まっている。競泳女子の池江璃花子選手が白血病を公表したことがきっかけだ。移植する際は白血球の型を合わせる必要があるが、血液型に比べて多様なため、適合する提供者(ドナー)を探すのは難しい。再生医療に使うiPS細胞の備蓄事業でも、白血球型が重要な意味を持つ。最近は、心臓病や糖尿病など病気になりやすい体質を調べる手がかりになることもわかってきた。

一般に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン