重工3社が熱視線の「MRO」、IHI不正で冷や水

2019/3/6 18:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

航空エンジン整備の無資格検査が発覚したIHIは、成長分野と位置付けてきた航空エンジンのMRO(修理・整備)事業で冷水を浴びそうだ。消耗品の航空エンジンは安定したMROの需要拡大を見込める。三菱重工業や川崎重工業も熱視線を送る有望市場だが、コンプライアンス(法令順守)体制の不備は培った信頼に傷をつけかねない。

MROとは「メンテナンス(M)」、「リペア(R)」、「オーバーホール(O)」の頭文字をと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]