/

この記事は会員限定です

サントリーが日米共同開発ウイスキー ビーム統合めど

[有料会員限定]

サントリーホールディングスが2014年に約1.6兆円で買収した米蒸留酒大手ビームとの統合作業に一区切りをつけた。日米で共同開発したウイスキーを米国で3月に売り出し、日本のウイスキーづくりを世界に発信する。中核事業のウイスキーで商品を出すのは統合以来の悲願だ。日本企業は海外M&A(合併・買収)で統合後のコントロールで苦しむ例もあるなか、サントリーの大型買収の成否が問われる。

「ビームのバーボンに対す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン