東京・大田区と東急が基本協定 街づくりで連携

2019/3/6 19:30
保存
共有
印刷
その他

東京都大田区と東京急行電鉄は6日、街づくりで連携するため、基本協定を締結した。空き家対策などの行政課題の解決を目指し、地域活性化を進める。

まず東急池上線の池上駅前のエリアで連携する。駅前にカフェやイベントスペースからなる施設を設置。交流拠点として地域の情報発信などに活用する。空き家・空き店舗を創業支援など新たな施設にリノベーションする事業者の取り組みを支援する。

東急では池上駅で駅ビルを整備中。区立図書館も入る予定で、公民の連携を進めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]