/

この記事は会員限定です

「ダークプール」個人に拡大 取引価格、本当に有利?

[有料会員限定]

金融庁は投資家の取引注文を証券会社のなかでつき合わせる「ダークプール」の実態把握に乗り出す。取引所より有利な価格で売買できるのが特徴だが、明確な規制はなく透明性の確保が課題になっていた。ここ数年は機関投資家に加えて個人の「見えない取引」も増えている。実際に成立した価格が本当に有利なのか、情報開示を通じて投資家保護を目指す。

ダークプールは証券会社が社内システムで投資家からの売りと買いの注文をつき合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン