中高生のニュース情報源、SNSが過半に 民間調査

2019/3/6 16:27
保存
共有
印刷
その他

調査会社のMMD研究所(東京・港)が中高生のニュースに関する意識調査をまとめた。ニュースを知る方法としてツイッターなどのSNS(交流サイト)が2位となり、55.8%と過半を占めた。1位はテレビのニュースだった。スマートフォン(スマホ)所有率が中学生の7割、高校生の9割超になるなか、中高生の報道への接し方が大きく変わってきている。

調査はMMD研究所がアプリ調査のテスティー(東京・中央)と組み、2月に実施。12~18歳のスマホを持つ中高生1248人から回答を得た。

普段利用するメディアはSNSが約8割でトップ、テレビと動画アプリが続いた。

「日本や世界のニュースを知る方法」を聞いた質問(複数回答)に対して、1位はテレビ(73.8%)、2位はSNS(55.8%)、3位はウェブのニュースサイト(38.9%)となった。新聞は12.3%だった。

このなかで「最も信頼できる情報源」を聞いたところ、テレビ(60.1%)に続いてSNS(9.9%)が2位となり、SNSの存在感の高まりをうかがわせた。3位はユーチューブなど動画アプリのニュース番組(8.6%)だった。

スマホとニュースの関係について、MMD研究所は「アプリやウェブは見出しだけを見ることが多い。閲覧するニュースも個人の興味に偏りつつある」と分析する。実際、ニュースの読み方について「ほとんどタイトルしか読まない」「中身はざっくり読む」とした人が約6割を占めた。関心あるニュースでは政治や経済、社会を挙げたのは2~3割程度だった。

MMD研究所の別調査によると、中高生の26%が偽ニュースに引っかかったことがあると答えている。様々なメディアが発信する情報を読み解くメディアリテラシーの重要性が高まりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]