2019年6月25日(火)

能登丼、地元器で山海の味 アイデア競い販売増
(ほくりく逸品一品)

2019/3/8 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界農業遺産に認定される能登の里山里海は食材の宝庫だ。多彩な魚介類や能登牛、能登豚など特産品を、地元のコメとともに提供するのが能登丼。石川県と奥能登に位置する輪島、珠洲の2市と穴水、能登の2町などが2006年にプロジェクトを立ち上げ、07年12月から販売を開始した。現在は域内の約50の飲食店や宿泊施設で味わえる。

プロジェクトはもともと、過疎化が深刻な奥能登の地域振興策を検討するのが目的。「食」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報