/

李明博元大統領の保釈決定 韓国高裁

【ソウル=恩地洋介】ソウル高裁は6日、収賄罪などに問われ一審で懲役15年などの実刑判決を受けた李明博(イ・ミョンバク)元大統領(77)の保釈を許可した。李氏は控訴しているが、高齢で睡眠時無呼吸症候群などの症状があり保釈が認められた。2018年3月22日に拘束されて以来となる。

李氏は実質的に所有する企業からの横領や財閥からの収賄罪などに問われ、ソウル中央地裁が昨年10月に懲役15年、罰金130億ウォン(約13億円)の判決を言い渡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン