天皇陛下の御用酒(写真でみる永田町)

2019/3/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5月1日の新天皇の即位まで、残り2カ月を切りました。30年にわたる平成の歴史が幕を閉じようとしています。この間、宮中行事を陰で支え続けた皇室の「御用酒」があります。

兵庫県西宮市の日本盛の純米吟醸酒「惣花(そうはな)」です。明治時代に皇室行事で提供を始め、大正天皇や昭和天皇の即位式のほか、天皇、皇后両陛下のご成婚の際にも納入したといいます。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]