海上保険にブロックチェーン、マースクなど本格運用
マイクロソフトがクラウド基盤

2019/3/6 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨の基幹技術として知られるようになったブロックチェーン(分散型台帳)。改ざんがほぼ不可能とされる記録性に着目し、コンテナ船世界最大手のAPモラー・マースク(デンマーク)を中心に海上保険の業務効率化に役立てる試みが始まっている。

海上輸送の世界では天候による航路の変更や航海中の船長の交代などがしばしば起こる。海賊が出没する海域を通ることもあり、保険会社が負うリス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]