/

この記事は会員限定です

段ボール古紙 5年ぶり安値 対中輸出減で在庫増

[有料会員限定]

段ボールの原料となる古紙の国内価格が5年4カ月ぶりの水準に下落した。最大輸出先の中国が環境保護などのため輸入を制限しているうえ、米中貿易摩擦による景気減速で現地の段ボール需要が鈍化。日本の対中輸出が減って在庫が膨らんでいる。輸出低迷が続けば、古紙を原料とする段ボール原紙の価格に下押し圧力となりそうだ。

中国の環境規制が影響

古紙問屋が回収業者などから仕入れる段ボール古紙の価格は1キロ7~10円。年初比3割下がり2013...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン