/

この記事は会員限定です

オリオン、薄氷の買収劇 「沖縄のDNA」外資に抵抗

[有料会員限定]

米投資ファンド、カーライル・グループと野村ホールディングス(HD)は共同で沖縄県が地盤のオリオンビールの買収を決めた。3月下旬までTOB(株式公開買い付け)を実施中だ。経営陣が外資の傘下に抵抗する「沖縄DNA」が立ちはだかり、野村も加わることで合意した薄氷の買収劇。地方企業が海外に成長を求める時代だが、地元意識が絡む事業承継の難しさを浮き彫りにした。

オリオンの経営陣は長い間、創業家との関係にアタマを悩ませてきた。オ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン