2019年9月23日(月)

首相「一般感覚では隠蔽」 統計不正問題で 参院予算委

2019/3/5 19:00
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題について「一般的な感覚では『これは隠蔽では』と思うことはある」と述べた。特別監察委員会が追加報告書で隠蔽行為があったとは言えないと結論づけたことに関し「法律的な観点から厳密な定義で整理された」と評価した。

参院予算委で答弁する安倍首相=5日

野党は特別監察委の樋口美雄委員長が厚労省所管の独立行政法人、労働政策研究・研修機構の理事長を務めているため「報告書は第三者性に欠ける」と批判している。首相は「厚労省に手心を加えてくれるかもしれないから(委員長に)選んだのではない」と指摘。「中立的、客観的な立場から精力的に検証作業した結果だ」と反論した。

首相は厚労省の分割を検討する考えはあるかと問われ「医療、介護、年金など国民生活に直結する分、誤りが起こった時には影響が重大で深刻だ」と説明。「まずは人員配置や業務量の適正化といった視点で原因や背景を明らかにし、再発防止を徹底する」と慎重な見解を示した。

立憲民主党の蓮舫参院幹事長は10月に予定する消費税率10%への引き上げについて「増税しないことを国民に問うとの公約で参院選に入ることはないか」と追及した。首相は「リーマン・ショック級の出来事がない限り法律にのっとって引き上げる」と従来の方針を改めて強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。