/

この記事は会員限定です

ZOZOの前沢社長に迫る2つのリスク

ガバナンスの掟

[有料会員限定]

ファッション通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOに逆風が吹いている。集客力の高い有名セレクトショップをそろえ、日本最大のアパレル通販サイトに育ったが有力ブランドの相次ぐ撤退や独自商品の不発などが重なり、今期は上場来初の減益となる見通し。だが、もっと深刻な変化が水面下で進んでいる可能性を最新の財務分析ソフトが突き止めた。それは何か。

「このわずか9カ月でゾゾにはとんでもないことが起きている」。会計評論...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

木ノ内 敏久

カバージャンル

  • 企業経営
  • ダイバーシティー
  • トークンエコノミー

経歴

現職はシニアライター。企業、大学、ダイバーシティーなどのガバナンス論(組織統治)や、仮想通貨などトークンエコノミーについて取材しています。正統性や正義の問題といったガバナンスの切り口から、経済の様々な現象を分析することに興味があります。企業経営をガバナンスの視点で読み解く日経電子版読者向けニューズレター「Nikkei Briefing リーガルのつぼ」を執筆しています。

活動実績

2021年3月18日 金沢日経懇話会で「コーポレートガバナンス改革を振り返る アベノミクスで企業は変わったか?」講演
2020年12月10日 単著「日本企業のガバナンス改革」(日経BP日本経済新聞出版)を刊行
2020年11月25日 長崎県立大学で「日本のガバナンス改革とファミリー企業の経営」をテーマにオンライン講義
2019年6月29日 一橋大学で開かれたセミナーに登壇。テーマは、仮想通貨(暗号資産)に至る貨幣の変遷や、近現代の貨幣経済と古代の贈与経済の違い
2018年11月7日 長崎県立大学でファミリー企業にみるコーポレートガバナンス論を講義
2018年11月7日 長崎県立大学で仮想通貨・ブロックチェーンの経済学について講義

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン