シャープの小型ロボ「ロボホン」が堺を観光案内

2019/3/5 16:39
保存
共有
印刷
その他

シャープは5日、小型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」が堺市で観光案内する実証実験を行うと発表した。期間は15日~5月31日。世界文化遺産への登録を目指す「百舌鳥(もず)・古市古墳群」など市内の観光地をアピールする。

ロボホンが堺市を案内する

ロボホンが堺市を案内する

全地球測位システム(GPS)で位置情報を把握し、観光客が到着すると自動で案内を読み上げる。仁徳天皇陵古墳や千利休屋敷跡、南宗寺など19カ所の観光地に加え、刃物や和菓子など伝統産業44店舗の情報も提供する。

ロボホンを5台用意し、堺市堺区の「ホテル・アゴーラ リージェンシー堺」で貸し出す。レンタル料は1日1台1000円。訪日客にも対応するため、日本語のほか英語と中国語も選択できる。ロボホンを通じて魅力を発信し、観光客の増加につなげる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]