2019年5月20日(月)

ボルボ・カー、最高速度180キロメートルに制限 20年から

自動車・機械
ヨーロッパ
2019/3/5 11:48
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=深尾幸生】スウェーデンの高級車メーカー、ボルボ・カーは4日、2020年以降に発売する車両に時速180キロメートルの速度上限を設けると発表した。スピード超過による死亡事故を防ぐためとしている。位置情報を使って、児童や高齢者が歩いている学校や病院の近くでは自動で速度を制限できる技術も開発する。

ボルボ・カーは2020年までに自社の車による死亡者・重傷者をゼロにする目標を掲げている=同社提供

ボルボ・カーは20年までに自社の車での交通事故による死亡者や重傷者をゼロにする目標を掲げている。同社は3点式シートベルトの導入などで先駆的な取り組みをしてきた。先端のデジタル技術を活用して、安全に関するブランド力を高める狙いもあるとみられる。

ボルボ・カーによると、17年の米国のデータでは死亡事故の25%はスピードの出しすぎに起因する。ある一定の速度をこえると、自動車に搭載する安全装置や道路インフラでは事故時の死亡や重傷を防げないという。

ドイツを除き、欧州では今でも時速180キロメートルはスピード違反になる。

ホーカン・サムエルソン最高経営責任者(CEO)は同日の声明で「我々は自動車メーカーが運転手の行動を変える技術を導入する権利、あるいは義務があるどうかの議論を始めたい」と、時速制限のあり方に一石を投じるとの狙いを説明。そして「我々はこの問いに対する確かな答えはないが、この議論で主導権を握り先駆者になる必要がある」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報