/

この記事は会員限定です

[FT]ポルトガル首相、EUの保護主義傾倒をけん制

[有料会員限定]
Financial Times

ポルトガルのコスタ首相は、国家安全保障の観点で中国からの投資を審査する欧州連合(EU)の新たな措置が保護主義を強めかねないと指摘し、加盟国が乱用しないよう注意を呼びかけた。

欧州議会は2月、EU域外からの投資の審査に関する新たな規制を採択した。中国などがEU諸国の国家機密に絡む技術やインフラの取得を狙ったり、産業・軍事スパイを目的に投資などの契約を結ぼうとしたりするという懸念が背景にある。

ドイツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2049文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン