2019年6月27日(木)

ヴァーレ、鉱山ダム事故でCEOが一時停職

2019/3/5 8:48
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルの資源大手ヴァーレは4日までに、1月に発生した鉱山ダム決壊事故を受けてファビオ・シュアルツマン最高経営責任者(CEO)が一時的に停職になると発表した。ベースメタル部門のエグゼクティブ・ディレクターのエドゥアルド・バルトロメオ氏が暫定CEOに就任する。連邦検察などから捜査を受けたための措置で、暫定CEOの下、経営の立て直しを進める。

ヴァーレの暫定CEOに就任する、エドゥアルド・バルトロメオ氏

1月に発生した鉱山ダムは死者と行方不明者の合計が300人を超えた。これまでの捜査で、ヴァーレが適切な対策をとっていなかった疑いが持たれいてる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。