/

ロシア大統領、INF条約の履行停止命令に署名

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は4日、中距離核戦力(INF)廃棄条約の義務履行を停止する大統領令に署名した。米国が同条約の違反を改めるまで履行を停止するとの内容で、即日発効した。米国が条約破棄をロシアに通告した2月初め以降、この条約を巡る米ロ間の協議は進んでおらず、条約が通告から半年後の今年夏にも失効する見通しが一段と強まった。

ロシア大統領府が4日発表した。プーチン氏は米国がロシアの違反を理由に条約破棄を通告した2月に「同等の措置で対抗する」として、ロシアも履行を停止すると表明していた。大統領令で改めて条約停止に向けた手続きを踏み、米国にロシアとの新たな軍縮協議を促す狙いもあるとみられる。

プーチン氏は2月にINF廃棄条約が禁じる中距離ミサイルなど新型兵器の開発方針を打ち出した。米国が建設的な対話に応じる姿勢を見せない限り、ロシアからは軍縮協議を働き掛けない構えも示し、条約失効を巡り対米非難を強めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン