/

この記事は会員限定です

TikTokのプロモ活用 バズる条件は「既視感のなさ」

[有料会員限定]
日経クロストレンド

ショート動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」。人気の「ハッシュタグチャレンジ」で、ソフトバンクのワイモバイルが再生回数1億超えの大ブレーク。その成功要因は、常時いくつもの企画が走っているチャレンジの中で、「マンネリ回避」の仕掛けを盛り込んだことにあった。また、本格展開が始まった運用型インフィード広告をJR東日本が活用。その成果は?

TikTok特有の動画投稿文化と言えるのが、ハッシュタグチャレンジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン