/

この記事は会員限定です

悪夢・森羅万象・問題意識 キーワードでみる予算委論戦

[有料会員限定]

2019年度予算案の審議の舞台は4日、衆院から参院予算委員会に移った。衆院論戦のキーワードは「悪夢」「森羅万象」「問題意識」の3つだった。いずれも安倍晋三首相をはじめ政府側の答弁から出たもので、野党側はそれを逆手に攻撃材料に使った。

首相は2月25日の衆院予算委の集中審議で「民主党政権時代はまさに悪夢だった」と強調した。国民民主党の玉木雄一郎代表が統計不正に関連し「権力者はその影響がどう及ぶか考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン