2019年4月21日(日)

鎌倉市、新交通網へICT活用 ソフトバンクと組む

ネット・IT
南関東・静岡
2019/3/4 22:00
保存
共有
印刷
その他

神奈川県鎌倉市はソフトバンクと組み、観光客による渋滞を解消し、高齢者らが移動しやすい環境を整備する。人口が集中する地域や再開発地などの情報を市が提供し、ソフトバンクは地域住民らにICT(情報通信技術)を活用した最適な交通網を構築する。

協定締結に臨む鎌倉市の松尾崇市長(右)

両者は4日、包括協定を結んだ。市が提供する情報には人口は多いがバスが走っていない場所や、開発が進み人口増が予想される地域を盛り込む予定だ。ソフトバンクはこれらをもとに、利用者の予約に合わせ経路を決めるオンデマンドバスの実現性などを探る。

もともと市とソフトバンクが人工知能(AI)で手書き書類を電子化する実証実験をしていたことがきっかけとなった。このほか、2020年度から義務教育に追加されるプログラミング教育を促進するため、市内の小中学校へソフトバンクが開発した教育ロボットを提供する。

松尾崇市長は「市民サービスの向上や地域活性化に寄与する」と期待を寄せる。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報