/

第一交通産業、AIで路線検索・案内 那覇バス拠点に

第一交通産業などは4日、那覇バスターミナル(那覇市)で路線バスの案内をするディスプレーを2種類導入した。人工知能(AI)を使い、顧客と双方向でやり取りできる点が特徴。ともに目的地への路線や時刻、料金などを検索でき、英語、中国語、韓国語でも対応する。1階の待合ロビーに設置した。

NTTドコモ九州支社、モバイルクリエイトと開発した「おしゃべり案内板」は46インチ画面のタッチパネルを操作すると、3次元CG(コンピューターグラフィックス)の女性キャラクターが会話をするように文章を表示する。災害時には防災情報も知らせる。5月末までの実証実験で、訪日外国人への対応効果などを検証する。

ciRobotics(大分市)と共同開発した「検索ロボット」は魔よけのシーサー(獅子)を模した人形が手にする13.3インチの端末で案内し、音声とタッチパネルでの操作が可能。検索結果の印刷もできる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません