/

くまモン販売1505億円 18年最高更新

熊本県は4日、県のPRキャラクター「くまモン」を利用した商品の2018年の年間売上高が、国内外で少なくとも1505億円に上り、過去最高だったと発表した。調査開始から7年連続で最高を更新しており、累計で6600億円を超えた。

くまモンは海外でもファン交流の輪を広げている(ブラジル・サンパウロ)

くまモンの著作権を持つ県は従来、県内に本社か製造拠点がある企業に限って関連商品の製造と販売を認めてきたが、18年1月、海外も含め、それ以外の企業にも利用を解禁。海外向け販売では、1年間で中国や香港などから計47件の申し込みがあり、19億円を売り上げた。

県担当者は「海外では許可なく利用しているケースもみられる。不正利用防止の取り組みが進めば、さらに売上高は増えるのではないか」と話している。

県は関連商品を扱う4185業者のうち、回答を得た3400業者の売上高を集計した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン