向松祚・中国人民大教授「19年の中国経済に下押し圧力」

2019/3/4 18:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国人民大学の向松祚教授は日本経済新聞の取材に応じ「2019年の中国経済の下押し圧力は非常に強い」と指摘した。主な一問一答は次の通り。

――2019年の中国経済をどうみますか。

「経済の減速もしくは下押し圧力は非常に大きい。1、2月の数値からもみてとれる。国内総生産(GDP)の成長率は前年比6.3%以下だろう。6.2%、6.1%も排除しない。18年10~12月の成長率は6.4%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]