2019年5月20日(月)

ラグビー

大分産品で英料理「フィッシュ&チップス」 ラグビーW杯

サービス・食品
九州・沖縄
2019/3/4 18:11
保存
共有
印刷
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)開幕まで約200日となり、大分県はインバウンド(訪日外国人客)向けに県産食材を使った英国の代表料理「フィッシュ&チップス」を県内レストランとともに売り出す。県内の開催試合はチケット販売が順調といい、「食の面からもディープな大分ファンになってもらうきっかけ」(県おおいたブランド推進課)にする考えだ。

大分県産のブリや干ししいたけを使った「フィッシュ&チップス」

フィッシュ&チップスは養殖ブリを使い、「新鮮な切り身に衣を付けてすぐに冷凍するので鮮度が高い」という。チップスは全国乾椎茸(干ししいたけ)品評会で20年続けて団体優勝している乾椎茸を採用。乾椎茸は生より食物繊維やうま味成分が豊富で味にクセがなく、歯応えも十分。W杯期間中は県産芋のフライドポテトも提供する。

県内の複数のレストランで扱うほか、試合会場の公式ファンゾーン、公式キャンプ地の大分・別府両市が設けるファンゾーンで販売する。

ラグビーW杯は県内で5試合が予定され、予選でニュージーランドやオーストラリア、ウェールズの試合が行われ、準々決勝にはイングランドの勝ち上がりが予想されている。準々決勝2試合は会場の昭和電工ドーム大分(定員4万人)が満員になる見通しで、県は4万人のうち海外客が約2万1000人にのぼると見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 9月にラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕を控え、大会組織委員会の幹部は早くも安堵の笑みを見せる。「赤字の懸念は消え、黒字が出そうだ」。2019年3月時点でチケット収入の見込みは290億円。 …続き (1:00)

強化試合の後半、突進する姫野(17日、メルボルン)=共同

 【メルボルン=共同】オーストラリア遠征中のラグビー日本代表候補は17日、メルボルンでスーパーラグビー(SR)のレベルズ(オーストラリア)下部チームと強化試合で対戦し、39―12で勝ち、春シーズンの強 …続き (17日 20:26)

仮設スタンドの設営状況が公開された「釜石鵜住居復興スタジアム」(17日、岩手県釜石市)=共同

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場の一つ「釜石鵜住居復興スタジアム」(岩手県釜石市)で、仮設スタンドの設営状況が17日、報道陣に公開された。W杯に向け、約1万席の設置を進めている。
 こ …続き (17日 16:44)

ハイライト・スポーツ

[PR]