/

この記事は会員限定です

バス路線網 デザイン手探り 岡山ではドル箱争奪

公共交通のゆくえ バス 岐路に(上)

[有料会員限定]

「じわりとダメージが出てきた」。岡山市が本部の両備グループ・小嶋光信代表は、ライバル会社のバスに苦虫をかみつぶした。1年前の2018年2月、両備は傘下31の赤字バス路線の廃止を突如、提出した。地元の反発をきっかけに1カ月後に取り下げたが、撤退の火種はくすぶる。

引き金はドル箱路線におけるライバル会社の登場だ。タクシー会社の八晃運輸(岡山市)は18年4月、両備とほぼ重複する路線に運賃が約4割安いバス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン