日本水素ステーション、いわき市に初の水素スタンド

2019/3/4 19:00
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車やJXTGエネルギーなどが設立した日本水素ステーションネットワーク(略称ジェイハイム、菅原英喜社長)が整備する初めての水素ステーションが5日、福島県いわき市で開所する。いわき市を皮切りに設置数を順次拡大するほか、燃料電池車(FCV)の普及を後押しする。

5日の開所に先立って記者会見する日本水素ステーションネットワークの菅原英喜社長ら(4日、福島県いわき市)

いわき市の拠点はガソリンスタンド事業などを手掛ける根本通商(同市)と共同で整備した。1時間当たりFCV6台のタンクを満タンにできる供給能力を備える。トヨタのFCV「ミライ」を手ごろな価格で借りられるレンタカーの拠点にもしてFCVの普及も支援する。

ジェイハイムは水素ステーションの本格整備を目的とし、自動車メーカーやインフラ、金融関連企業などが共同出資で2018年2月に設立。参画企業は現時点で18社まで増えた。

21年度末までの4年間で80カ所の施設を新たにつくる計画だ。4日、いわき市で記者会見した菅原社長は「18年度で12カ所、19年度はその倍くらいの設置を見込む。地方で設置に意欲的なところもありなんとか目標を達成したい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]