日産・ルノー 脱国益のススメ グローバル連合の強み磨け
本社コメンテーター 中山淳史

中山 淳史
本社コメンテーター
2019/3/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が保釈されると、同氏と日産、仏ルノーの間で論戦の動きが再び活発になる。だが、ゴーン氏逮捕後の100日強で事態は相当動き、同氏が両社の経営に復帰するかと言えば可能性は低い。

今後の最大の焦点はゴーン氏の保釈とは別個に、日産とルノーのアライアンス(企業連合)と呼ばれる関係がどうなるかだ。筆者は両社に「袂(たもと)を分かつ」という選択肢は存在しないと考える。別々に生き…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

中山 淳史

本社コメンテーター

産業・企業経営

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]