香川の徴税事務、チェック強化を 外部監査人が指摘

2019/3/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

香川県の包括外部監査人を務める公認会計士の後藤英之氏は4日、県税の事務の実態を調べた2018年度の監査結果を発表した。納税者への書類送付時にミスが起きたことを踏まえ、チェック体制を強化するよう指摘した。

県税の事務について、著しい問題があるなどとして「指摘」を受けたのは4件。効率性の観点などから改善が望ましいとした「意見」は19件だった。

包括外部監査人からの指摘や意見で目立ったのが事務作業のチェック体制の強化だ。税務オンラインシステムへの変更入力や納税者への書類送付時に、担当者以外が確認する仕組みを設けるよう指摘した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]