ルイ・ヴィトンが新作スマートウオッチ 百万円超のダイヤ付きも

2019/3/4 14:51
保存
共有
印刷
その他

仏高級ブランド、ルイ・ヴィトン日本法人のルイ・ヴィトンジャパン(東京・千代田)はスマートウオッチ(腕時計型端末)「タンブール ホライゾン」の新作を発売した。ケース部分にセラミック素材を用いた「ホワイトセラミック」や新色のブラウンなど、素材や色が異なる5タイプをそろえた。ブランドの象徴である「モノグラム」や「ダミエ」をあしらった文字盤の種類を増やし、外観のデザイン性を高めた。

ルイ・ヴィトンジャパンが発売した「タンブール ホライゾン ホワイトセラミック」

新モデルでは、旅行情報を一括で管理できる機能を強化した。フライトに加え、ホテルや鉄道の予約情報も表示できるようになった。歩数計のほか、大気汚染の度合いをリアルタイムで表示する機能も備えた。本体価格は税別30万1000円から。最高級のダイヤモンド付きは同102万3000円。ストラップの種類によって価格は変わる。一部のルイ・ヴィトンストアと公式サイトで取り扱う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]